FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
僕の町には図書館が2つありました。
その片方に我が家の前を通るバスが停まってくれます。

バス停
バス停のブランコ http://www.j-tokkyo.com/2008/08/21/9698.html


その図書館、建物が完全に昭和モダン建築なんです。
一見すると質実剛健。僕の生まれる前から風雨に耐え、
外観のネズミ色化に磨きをかけてるけど、
建物の内外いろいろなところに高低差があって、見た目のリズム感がいい!
でもちゃんとスロープとかあって考えられてるんです。
敷地内に中庭のようなスペースがあって、木や草花が庭を囲んでました!
中庭に面した壁なんかガラス張りで、それが若干外へ角度がついて倒れ気味!
そこが図書館の中でも一番好きな場所でした。

子供の頃、バスに乗ってその図書館へ通ったことを憶えています。
しばらく足が遠のいても、夏休みには読書感想文というものがあって、
それをきっかけにまた通うようになったり。

しかしその図書館は耐震強度の不足を理由に、いつの間にか閉鎖されていました。



東京から逃げてきた僕は、児童書を借りるためでなく
電車に乗るためにバス停に立ちます。反対向きのバス停に。
とっても短い路線バス。
いつだったか、そのちょうど真ん中あたりに無表情で立ったけど
バスがぜんぜんやって来ないことがありました。
ネットで停留所の時刻表PDFダウンロードしてんのに、
予定時間を15分も過ぎてんのに!
今日も太陽がビッキビキ!
電車に乗るためにバスに乗りたいのに!! 苛立ち。
向こうの車線を青いバスが通り過ぎました。

いつかあの建物は取り壊されるのか?
壊されて更地になった途端、そこに何があったか思い出せなくなる僕たち。
世の中に合わせて記憶も取り壊しちゃって。
僕なんかもう完全に忘れて、何もなかったことにしちゃう。
記憶の一区画を整地、造成しちゃう。
だったら今、もう一度あの図書館を見ておかなくちゃいけないんじゃないのか?
写真を撮っておかなくちゃいけない!

バス停ポールの時刻表を睨むと、もうすぐ次が来るはずの時間。
バスはまだ来ません。



スポンサーサイト
思い出 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。