FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

PICT0272.jpg



2階建て単身者用アパートの1階なんかにある、町のレンタルビデオ屋でバイトしたい。
そんな夢を自動車学校の卒業文集に書いたことがあります。
映画とかでよくある設定。あれに憧れてました。

白い蛍光灯が強烈に明るくて、せまくて、品揃えの悪い店。
BGMが流れてたり流れてなかったりの店。
そんなところで青いエプロンなんかして、一人さびしくレジに立ちたい。

しかしそんな店はバイトの募集なんてメッタに出しませんね。
店主とごく少数のベテランさんがドッカリ座ってるのかな。
んならせめて客として通って、通って、夜のレンタルビデオ店。
なにか事件が起きてくれないか━━。
巻き込まれないか━━。
ドラマ。
恋。

みたいな夢を見ていました。
ブレーキとアクセルを踏み間違えたキャロルが突っ込んでこないかな♪
ビデオテープを詰めたゴワゴワのゴムみたいな袋を抱えて月の下をお店に向かって歩くとき
客と店員がカウンター越しに別れ話で揉めてないかな♪
なんて期待しちゃうのはナゼなんでしょう。

「もう帰ってよ」
「……おれは━━」
ここにテロレロテロレロとバカな出囃子で登場することについて、僕は非常に不満です。
2人がこちらに顔を向ける。いらっしゃいませー。
「もう別れたんだから来ないでよ」
「別れろよ」
BGMの流れてない日。
僕は特殊な空気に気づいて、レジに近づき難くて、せまい店内を1周。
「無理なの。出来ないの」
「だっていつか言ってたじゃ……」
しかし小さなお店、すぐに2人の側まで来てしまった。
僕はひどく狼狽して、こじれた別れ話の間に袋を突き出してしまった。
店員が僕をイチベツ「ご返却でよろしいですか」
「はい」
先客は黙ったまま。店員から目を離さない。
「こないだはすみませんでした。1本も巻き戻してなくて」
何度やっても改められない僕のミス。
「あ、はい。いえ」
袋を受け取った店員はテープのフタを開けてさっと何かを確認した。
「今度はエンドロールも最後まで見てあげてください。面白かったら」
「ああ!それ面白いですね。テープがエンドロールの後ろで止まってるビデオは面白かったと。
 前で止まってる場合はそうじゃなかったと」
先客が黒ブチメガネ越しに僕を睨んだ。
「開始1時間のところだったら駄作」
と言って店員はレジを打った。
「それより前だと、映画よりドラマチックな何かが見てる人に起きたとか」
彼女はちょっと笑ってそう言って、僕を見る。
僕も彼女を見る。いや、ずっと見つめていたんだ。
僕たちは1秒の半分だけ見つめあった。
「1週間の延滞ですね。3500円になります」


おわり


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
みのまわり | コメント(0) | トラックバック(0)

身から出たサビ

2012/06/25 Mon 22:20


ぼくロボット / sawamur


自分自身のbotの中の人をやってる久保田勇希です。

本アカを乗っ取ったニセモノは、とうとう僕の名前でFacebookを始めたみたいです。
僕の名前経歴顔写真に飽き足らず、
過去の人間関係まで掘り起こそうという目論見みたいです。
彼との水面下での戦いに幾度も敗れ、転進に転進を重ねた結果、
このブログでの僕という存在は、記事のカテゴリーのひとつになってしまいました。
ああ、情けない。

ところで、botという言葉はRobotの略らしいです。
ということは、僕は、もう暑いのに僕型の装甲をダンボーよろしく着込み、
それを身につけることによってエヴァみたく自分を抑え、
botらしく2時間に1度ペースでつぶやいているというわけか。

botには完全なプログラムのもの、いわば「アンドロイド型」と、
中の人が運営している「サイボーグ型」があります。
種類・型の名前は勝手に今考えました。

どちらも問題を抱えていますが、今日は後者について考えたいと思います。
人間が機械とプログラムを身体に取り入れてサイボークになり、(Ro)botとしてつぶやく。
でもどんなに身体が機械だらけになっても、その動きがプログラムによって制御されても、
人間は人間なのです。
botとして振る舞っていくのは苦しいことです。
それ故に、ネットと切れた世界ではとても幸せな家庭があり、
そこには愛する家族がいることが少なくありません。
そういう人がbotをやっていることがママあるということです。

しかし家族のいないbotの中の人もいます。
botって存在はmentionを無視され、フォローしたらブロックされ、もうスパムと一緒です。
これは非常な苦しみです。
SNSでロボット扱いされ、社会の歯車として働き、家に帰っても人間的な交流のない日々。

もし君が ホントは人形だったとしても、
それでもかまわない?
もし僕が誰かの模造品に成り下がったとしても、
愛は変わらない?

朝 玄関のドアを開けると、向かいのご主人も出勤時間。
彼は「立ち上がれ『たちあがれ日本』bot」の中の人で、フォローしあってる。
奥さんが彼に何か声をかけて、彼はこちらの手前ちょっと照れくさそうに背中で手を上げた。
彼と階段を下り、バス停に並ぶ。
携帯電話でbotの管理。「いいですねぇ。キレイな奥さんがいて」
とついつい送ってしまう。

そこから「妻子のいるbotなんて(爆)」までコミニュケーションがこじれるのは必定です。
「botに人間らしさなんていらない」
等々自分の首を絞めるわけです。
リア充botの方も、botとしてのありようを考えてしまいます。

そして単身botは性格までロボット化していき、
リア充botは妻子との距離感に悩み家庭が不安定化、やっぱり心がロボット化します。

もし彼らがbotの中の人なんかやっていなかったら━━。
ヒトの名言をツイートしたりしていなかったら━━。
自分を保ち続けるのは大変なことです。
botの中の人はロボットになることを自ら選び、最後には自分が自分ではなくなってしまうのです。

まさに身から出たサビ。

僕は人間だ! サイボーグアカウントなんだ!! だから、
botだけど心がある。
botだけど生きている。
だけどだけど、ブリキの友だちフォローして、お人形さんに愛をつぶやく。

サビだらけのロボットは、渋くなった関節が動く度に悲鳴を上げ、
燃費は悪くなり、エラーが増える。
そうしていつか僕らはネットのどこか、ゴミ捨て場に投げ捨てられるのかもしれません。


おわり


>>続きを読む・・・
KubotaYuuki_botの記事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。