FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

極楽地獄 4

2011/12/12 Mon 23:56

人は死んだらどうなるのか?


上目遣い / iandeth



前回のつづき。

その後、僕はどうなるかというと、現世へ送り帰されます。
輪廻転生の考え方からすれば当然あの世には極楽しかなく、地獄は現世にあるのです。
現世とは死後の世界だったのです!
長過ぎる箸を割いて折って削って、ちょうどいい長さの箸をいくつも作れる僕。
そのうち何膳かを売って地獄でもお金儲けが出来るじゃないか!

僕はまたしても人間として生まれます。
これは、あの世の入口で閻魔大王がどんどこどんどこ亡者を極楽へ送ってしまう為です。
現世へ帰ってきた死者は路傍の石なんかになっていられないのです。
懺悔づいた閻魔大王のおかげで現世は生まれ変わる死者が不足し、動物も草花も多くがその数を減らしています。人間も40年以上少子化が続いているのです。

生きる人間としてものごころがついてみたら、そこは幼稚園。
お弁当の時間。隣の席には身体の小さなおともだち。
長過ぎる箸を割いて折って削って、ちょうどいい長さの箸をいくつも作れる僕。
手に握るフォークはその何膳かを売って儲けたお金で買ったものだ。
隣のおともだちのお弁当のミートボールに狙いをつけます。
ケイコせんせいに見つかってはいけない。彼女が後ろ姿を見せるタイミングを待つ。
心臓が高鳴ります。
タイミングを計り、身体の小さなおともだちのミートボールを見事横取り!



bento / saotin



反対側には身体の大きなおともだち。首筋に赤黒い雪だるまのような痣。
もしかして僕のおかずを狙ってるのでは? 
5歳にして抱える業か前世の因果か? 理由もなく湧いてくる猜疑心と不安。
僕は自分の弁当に覆いかぶさって、盗られる前に全部食べてしまおうと口に詰め込みます。
今度はケイコせんせいがこっちを見てくれないかと期待し、ときおり顔を上げて前方を確認。
身体の大きなおともだちがおかしな行動を起こしやしないかと心配で右も確認。
左の小さなおともだちのミートボールはまだ残っていたかな?
それにしてもママの玉子焼きが美味しい。


おわり


あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
なぜかいきなり始まったこのシリーズ、死後の世界があるとしたら━━。
という想像が始まりのはじめです。

この死後の世界は日本人向けです。
外国に生きる人は死んでも閻魔様の裁きを受けることはない、
と決めました。
でも東南アジアとか中国韓国とかはどうだろう? って思いましたが、
そこは突き詰められませんでした。

輪廻という考え方。
お釈迦様が言ったという、苦しみに満ちたこの世に何度も生まれ直して
悟りの境地に至ったものだけが無限に続く苦しみのループから解き放たれる、
みたいなあれです。
そうだとすれば、死後の世界には聖人のような人だけが残っていることになります。
当然そこが極楽と呼ばれる場所だろう、ってことで。

そこへ僕が逝ってしまったらどうなるかな? って仮定が面白いと思って書きました。
テレビも週刊誌もニュー速もないほとんど刺激ゼロの世界で、
まわりは立派な人たちばかりだろうと思うんです。天国とかって。
人間のできてない僕には、天国や極楽は永くいるほど死ぬほどつらい場所になるだろうって思うんです。

あとひとつ、子供のときにどこかで聞いた長い箸のエピソード。
天国の人たちはそれで他人の口に食べ物を入れてあげるからしあわせで、
地獄の人たちはそいつを自分の口に持っていこうとするから痩せこけている。
みたいなみんな知ってる天国地獄の設定ですが、
僕の考えた地獄は現世なのですから、
悪知恵を働かせてなんとか使い易くして、しかも商売までしちゃうのです。
それで人の食べ物まで食べられるようになってしまう。
地獄で生きる僕のたくましさを表現しました。

最後に極楽で僕に刺されて死んでしまった死人について。
生きている人が刺されると、生きている状態が終わる=死ぬ
なので死んでいる人が刺されると、死んでいる状態が終わる=生きる→生まれる
となると明快に考えました。
生まれるということは、地獄であるこの世に戻ってくることです。
あの世にも理不尽があるとちょっと面白いと思って。
その原因として閻魔大王の裁定のブレという要素をつけ足しました。

関連記事
日本のこの世とあの世 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。