FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


対話中 / iandeth


ヒトとの話題を探すのが苦手な、そんな僕みたいなコミュ障ピーポーに。

学校や職場でちょっと声をかけられて立ち話。
飲み会での隣の人との会話。
そんなとき、何か話題はないかと探してしまいますね。動悸・めまい・あぶら汗ですね。

ウーロン茶がぶ飲みで(僕はアレルギー出ちゃうからアルコールNGなもので)
なんとかひねり出す話題は、大概自分のことです。
コナイダこんなことがあった。とか、
今度研修であそこに行く。だとか。

僕は話が上手じゃないので、面白くしゃべれません。
なのに自分の話をしてしまったのでは、隣の人はスマホをサッてシ始めちゃいます。
"スマホをサッ"を見たら焦りが倍増して、更につまらない話をしてドツボに嵌っちゃいます。

どんなに焦っても自分のことだけは喋っちゃダメ! それが僕たちコミュ障の鉄の掟です。
正解は、
そんな時は、
黙っている。
ケータイはバッグとか、ズボンのポッケとかに入れたまま、黙ってましょう。

本当は差し障りのない質問を投げて、喋りのうまい人に喋ってもらうのがいいんだけど……。
そしたら今度はちょうどいいリアクションをしなくてはいけなくなります。
大きすぎず小さすぎない、ちょうどいい自然なリアクション。
これはルソーも言ってる民主主義社会における質問者の義務です。
これも難しいので、やっぱり黙ってるのがいちばんです。


世の中にはコミュ障って評価を受けず、本人も自覚しない、
隠れコミュ障というべき人たちがいます。

明るく元気なのだけど、自分のことばかり話す人です。
「きのう友達とオールでスゲー眠い」
「琵琶湖まで延々8時間運転したことがあって」
「学生時代にバンド組んでギターやってた」
みたいな言われても、話を膨らますのはオロカ、ちょうどいいリアクションがとれません。
こんな話にちょうどいいリアクションとれなんて、ルソーも言ってません。

自分の話で相手を楽しくさせられるのは、失敗談だけです。とほほオンリー!
だから隠れコミュ障の人たちも、失敗談がないなら黙ってるのがいちばん。

この真実に気づいてからというもの、僕なんか自分の話は一切しないもんね。
黙って人の話を聞いて聞いて、相槌とオウム返しばっかだもんね。
で話が終わっちゃったら「そうですよね〜。大変ですよね〜」とか言って、
間違っても自分のターンだ! なんつって「僕もー」とかって切り出さないもんね。
それでここまでやってきた? そんな感じ。


おわり




あとがき

ルソーは何も言ってません。
民主主義社会のコミュニケーションにおける質問者の義務!! とか言ってません。

隠れコミュ障は完治せず、逆にこじらせた場合は、
自慢おじさんになってしまいます。
女性だったとしてもです。
寝てない自慢に、オレって引っぱりだこで大変自慢にテレビ見ない自慢。
それ以外にも様々な自慢を繰り出して、コミュ障の到達点を見せることになります。




関連記事
人生テンプレート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。